国際ルール

基本的なルール

  1. 1チームは選手7名、監督1名、補欠選手は2名まで。
    選手はフォワード4名(ゼッケン1~4番)とバックス(ゼッケン5~7番)に分かれます。
  2. 試合は3分3セットマッチ(2セット先取した方が勝ち)。
    時間内(3分以内)に相手コートのフラッグを抜くか、雪球を相手チーム全員に当てた時点で勝ち(そのセットは終了)。
    時間切れ(3分終了)の場合は終了時に残っている選手が多い方が勝ち。
  3. ノーバウンドの雪球に当たった選手は”アウト”となり、コート外へ出なければなりません(そのセットはプレーできません)。
    味方の投げた雪球、自分の手を離れた雪球が当たってもアウトです。
  4. 1セットに使える雪球は90個(試合開始前に作った雪球だけ)。
    試合中に雪を集めて作った時は、その時点でアウトになります。
  5. 相手コートに入れる選手は3名まで。(4人以上が入るとその時点で負け)
    先に相手コートに入った選手がアウトになってコート外に出るまで入れません。
雪合戦コート 雪合戦コート

公式競技規則

2016/2017 昭和新山国際雪合戦競技規則(H28.11.5更新)
-解説と審判員のためのガイドライン-

なお、2016シーズンからの改正点は下記のとおりです

 

競技規則改正に関する提案意見募集(パブリックコメント)

今シーズンの競技規則改正に関する提案意見募集に対し、多数のご意見をいただきありがとうございました。いただいたご意見に対するご回答は下記のとおりです。

国際雪合戦連合では、次シーズン(平成30年2月開催の第30回昭和新山国際雪合戦等)に適用する「2017/2018 昭和新山国際雪合戦競技規則」の改正検討に向けたパブリックコメント(意見募集)を募集する予定です。
受付期間 平成29年2月1日(水)~3月31日(金)

  • 公募要項 ※後日公表
  • 提案意見書様式 ※後日公表

試合の流れ

試合開始

シャトーの裏に雪球ケースを置き、雪球を持ってバックラインの前に並び、審判の笛で試合を開始します。 雪合戦コート

試合中

相手選手に当てるためにも、相手チームの攻撃を抑えるためにも、少しでも相手コートに近いシェルターを確保した方が優位です。
雪合戦コート
攻撃は直球だけでなく、山なりの球も使ってシェルターに隠れた選手を狙います。複数の選手が一斉に特定の選手を狙う攻撃も効果的です。
ルール上、フォワードは自陣バックラインより後方に戻ることができないため、雪球を取りに戻れません。そのため、バックスがフォワードに雪球を供給します(雪球を転がすか、届けるのが一般的です)。

基本的な攻撃スタイル

トップなし1トップ2トップ

審判員

公認審判員制度

国際雪合戦連合では、下記の公認審判員制度により大会を運営しています。

審判員認定試験

1級 昭和新山国際雪合戦において実施します
2級 各加盟団体に行っています
3級 各加盟団体に行っています

公認1級審判員認定試験について

国際雪合戦連合では、昭和新山国際雪合戦開催時に公認1級審判員認定試験を行っています。

2016年認定試験では下記の方が合格しました。
・丸茂正彦さん(山梨県連盟)

審判員